レシピをご覧になっている方ではもう
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが
私、卵が大好きなんです♪

そのまま生で卵かけごはんとして食べでもおいしいですし
卵焼き、目玉焼き、ポーチドエッグにしてもおいしいですよねー

今日はその卵の黄身を贅沢に使ったレシピをご紹介します。

残った白身も別レシピで余さず使いますよー!

スポンサーリンク

黄身の醤油漬け

<材料 作り方>
卵 1個
醤油 大さじ3
みりん 小さじ1~2

<作り方>
①卵を白身と黄身に分けます。

~分け方~
・その1 割った殻を使って分ける
割った殻を左右の手に持って、白身を取り除くように黄身を行き来させます。
殻のフチで黄身を割らないように注意!

・その2 手で黄身をすくいとる
容器に卵を割り入れ、黄身だけを手ですくい取ります。

②小さめの容器に黄身を入れ、醤油・みりんをひたひたになるまで入れます。
※分量通りで足りなければ適宜足してください。

③ラップをして冷蔵庫で一晩~3・4日置いたらできあがり。
時折、スプーンや手を使って黄身をひっくり返す、もしくは
黄身の上に調味液を掛けると漬けムラになりません。

コツ・食べ方など

・器は黄身の大きさ位で底が深めのものを使うのがポイント。
器が小さめの方が、使う醤油の量が少なめになります。

・長く漬ければ漬けるほど、ねっちりと濃厚な味わいになります。
漬ける日数によって味わいが変わるので、目安を書いておきますね。

~1日目~
黄身の周りは味が濃く、中の方はまだふるふると柔らかい。
ご飯にのせて食べるとおいしいです。

~2日目~
全体的に味が回っているものの、まだ柔らかめ。
ご飯にのせて食べてもおいしいですが、きゅうりなどの野菜にディップしても◎

~3日目~
水分が抜け、ねっちりと濃厚に。
おにぎりの具材としても◎
もちろんそのままおつまみとして少しずつ頂くのもおいしいです。
そのときは粗挽き黒こしょうをかけても◎

・1日だけ漬けるならみりんは省いても大丈夫。
長期間漬けるとその分味が濃くなるので、みりんは入れた方が良いです。

・漬けムラをなくすためにひっくり返したり調味液を上にかけると◎
そのとき、黄身が割れないように注意!
特に1日目の黄身は中心がまだ柔らかいので割れやすいです。優しく扱いましょう。

・漬け終わった調味液は煮物などの調味料として使用できます。
卵を漬けた液なので、早めに使い切ると◎

余った白身はどうするの?

<保存方法>
すぐに使わない場合は小さい容器に入れて、冷凍庫で保存するのがオススメです。
解凍するとサラサラな状態になっているので、扱いやすいですよー
解凍は室温に出して自然解凍しましょう。

<使い方>
シフォンケーキやクッキーなどのお菓子
お好み焼き、卵スープ、チャーハンといった料理などに、幅広く使えます。
白身だけで使うのが難しいと思った場合は、卵に追加して使うのも◎
カサが増えるので、ボリュームアップにもなりますよ^^

さいごに

画像は漬けてから3日経った黄身の醤油漬けです。
ねっちりと濃厚でおいしいですよ^^
容器を少し大きめにして数個漬けても良いですね。
お好みでネギ大葉などの薬味を添えてもとってもおいしいです。

ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク