しりしりとは沖縄の方言なんだそうな。

千切り、という意味から来てる説と
スライサーで切る時のすりすりって音が由来との説があります。

この二つのどちらかが有力なんだそうな。

そして、そのしりしりという言葉の入った料理
「にんじんしりしり」は沖縄の郷土料理だったりします。

その料理にピーマンを加えて作ってみました。
緑とオレンジ、卵の黄色がアクセントとなっておいしそうに出来上がりましたよー^^

スポンサーリンク

にんじんとピーマンのしりしり

<材料 1~2人分>
にんじん 1本
卵 2個
ピーマン 3個
醤油 小さじ1~2
だしの素 小さじ1
サラダ油 適量

<作り方>
①にんじんの皮を剥き、千切りにします。
ピーマンも同じく千切りにします。

②卵は溶いておきます。

③フライパンにサラダ油を入れ中火にかけ、人参を炒めます。

④にんじんがしんなりしてきたら、ピーマンを入れ、さらに炒めます。

⑤ピーマンがしんなりしたら、醤油・だしの素を加え、さっと混ぜます。

⑥混ざったら、溶き卵を回し入れ、卵が固まるまで、炒めて出来上がり。

コツ・アレンジ方法

・にんじんを千切りにするときは、スライサーを使っても◎
本格的に作りたいときは、しりしり専用のおろし金を使ってもいいですね。

・ピーマンなしで作っても◎

・にんじんの大きさによって、調味料は加減してくださいね。

・人参の太さと、ピーマンの太さはなるべくじにした方が、食べた時の食感が良いです。

・お好みで白ごまやごま油を回しかけても◎

・もっとボリュームを出したい場合は、豚肉を入れてもおいしいです。

・にんじんの甘さで十分甘いですが、もっと甘さが欲しい場合は砂糖を足してもOK

さいごに

にんじんの甘さと醤油とだしのしょっぱさがマッチして、ごはんが進むおかずです。
卵にしっかり熱を通すことでボリュームもUP!

にんじんも細く切ることで火通りが早くなります。

刻んでしまえば後は炒めるだけなので、簡単ですよ^^

スポンサーリンク