鶏皮餃子って包むの難しそう・・・
そう思ってたのですが、作ってみたら意外と簡単に包めました!
必要かと思ってた爪楊枝もいらなかったですよー

意外と余りがちな鶏皮を使用した簡単レシピ!
作り方次第でご飯に合うおかずにも、お酒に合うおつまみにもなります。

スポンサーリンク

鶏皮餃子

<材料 6個分>
鶏皮 6枚
豚ひき肉 100g
ニラ 3本
白菜 1枚(4分の1カットの白菜)
醤油 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
ごま油 小さじ1
塩コショウ 少々

<作り方>
①白菜をみじん切りにして、塩(小さじ半、分量外)をまぶして置いておきます。

②ニラをみじんぎりにして、豚ひき肉と一緒にボウルに入れます。

③白菜がしんなりとし水気が出てきたら、手で固く絞り、②に入れます。

④醤油、オイスターソース、ごま油、塩コショウを③に入れて、粘り気が出るまでよく混ぜ合わせます。

⑤鶏皮の表面を下にして広げ、裏側についている脂肪を取り除きます。
※皮が破れない程度に指でつまんでむしりとりましょう。

⑥肉だねを適量手に取り丸め、ハンバーグを作る要領で空気を抜き、楕円系に整えます。

⑦皮の下のほうに置き、キツめに巻いていきます。
※巻き方※
1度キツめに巻き、次に両側の皮を折りたたみ、あとはくるくると巻いていきます。
巻き終わりは下にしておきましょう。

⑧フライパンに⑦を巻き終わりを下にして並べ、強めの中火で全体に焼き色をつけていきます。

⑨全体に焼き色がついたらフタをして、5分ほど蒸し焼きにすれば出来上がり。
お好みで上に粗挽き黒こしょうをかけて、ポン酢につけてめしあがれ♪

コツ・アレンジ方法

・ニラだけでも結構パンチがありますが、さらに肉だねにパンチをきかせたい時は、おろしたしょうがにんにくを入れても◎

・皮の大きさによって、詰める肉だねの大きさは加減しましょう。
目安としては皮の大きさの三分の一程度の肉だねなら入ります。

・焼き目はしっかりめにつけておくと、最後蒸し焼きにしてもパリッと仕上がります。
途中皮から脂が出てくるので、キッチンペーパーなどでこまめにふき取りましょう。

・フライパンに油をひかなくてOK!
鶏皮から勝手に脂がでてきてくれます。

・焼いている途中、鶏皮が張ってきて少しだけ破裂する場合があります。
その時は火力を弱めて焼いてくださいね。
火傷には十分注意して作りましょう。

・焼けてきたかどうかの目安は、肉汁が溢れてきたかどうか。
じゅわじゅわと中の肉だねの肉汁が皮の隙間から流れて来たら焼き上がりです。

・おつまみとして食べる時は黒コショウ生姜にんにくをきかせるとスパイシーでオススメです。

・食べる時は肉汁に注意!
中から溢れて出てきます。ご飯の上で食べるのがおすすめです。

・つけダレはポン酢がオススメ。
その他、酢醤油酢にコショウラー油などもおいしいですよー。

さいごに

鶏皮に豚ひき肉の餃子ダネという肉々しい組み合わせ。
手羽先餃子とはまた少し違った、ついクセになってしまうお味です。
ぜひ作ってみてくださいねー♪

スポンサーリンク