おいしそうなさつまいもを数個、いただきました!

定番の大学芋もおいしいですが
今日はちょっとしたスイーツを作ってみました。

もちもちの求肥と洋風なさつまいもクリームがとってもあいますよー

スポンサーリンク

さつまいも大福

<材料 10個分>
~さつまいもクリーム~
さつまいも 1本(250~300g)
無塩バター 30g
生クリーム 40g
牛乳 適量
砂糖 20g
~求肥~
白玉粉 150g
水 1カップ
砂糖 15g
片栗粉 適量

<作り方>
①さつまいもの皮をむき、一口大に切り、15分ほど水に浸してアクをとります。

②水からさつまいもを取り、耐熱皿にのせてラップをし、レンジで500w3~4分ほど加熱します。

③さつまいもが熱いうちにつぶします。
潰したあと、濾し器でこします。

④常温の戻したバターと砂糖を白っぽくなるまでゴムベラで練り合わせます。

⑤粗熱が取れたさつまいもを④に入れて混ぜます。

⑥生クリームを少しずつ入れて柔らかい餡にしていきます。
全て生クリームを入れた後、まだ固いようでしたら牛乳を少しずつ足してまぜていきましょう。
柔らかいけど手で丸められるような柔らかさになったら、さつまいもクリームのできあがり。
10等分に分けておきましょう。

⑦白玉粉、水、砂糖を耐熱ボウルに入れてレンジで500w2分加熱します。

⑧木べらでぐるぐる混ぜて、再び1分ほど加熱します。

⑨半透明になり、モチ状になったら片栗粉をひいたバットに出します。
求肥のできあがり。※熱いので注意!

⑩上からも片栗粉をかけて、スケッパーを使って熱いうちに10等分にします。

⑪さつまいもクリームを求肥で包みます。

⑫片栗粉をひいた皿にのせてできあがり。

ちょっとしたコツとポイント

・さつまいもの水分量で生クリームや牛乳の量が変わってきます。
様子をみて加減してくださいね。

・同じく砂糖の量さつまいもの甘さをみて加減してください。

・さつまいもクリームの味わいは重めです。
軽めがお好みの場合は、バターを減らして牛乳や生クリームを増やしてみてくださいね。

・さつまいもクリームの真ん中にふかしたさつまいもを入れるのも◎
食感に違いが出ておいしいです。

・求肥が熱いうちにクリームを包むのがポイント。
手にべたつく場合は、片栗粉を付けながら包みましょう。

・白玉粉でつくっているので乾燥すると固くなりやすいです。
保存は常温でラップをして早めに食べてくださいね。

・固くなってしまった場合は、ラップをして少しレンジで加熱すると柔らかくなります。

さいごに

難しそうですが、意外と簡単にできあがりますよー
さつまいもクリームはスポンジケーキに絞り出してモンブランにしてもおいしいですよ^^

スポンサーリンク