お菓子作りと言えば、きちんと計量して、混ぜ方も難しくて…
とにかく難しくって面倒くさい!

以前も失敗したけど理由が分からない。
だからもう作りたくない><

そんなイメージが強い方、多いのではないでしょうか?

私も最初はそうでした。
膨らまないスポンジ、パッサパサで固いクッキー、なんか臭うゼリー…。

たくさん失敗したけど、そこから学んだことがやま程ありました。

そして、失敗しないコツも覚えました。

そんな経験から、このレシピは失敗しないよ!
ざっくりつくっても大丈夫!というレシピを3つ、コツと一緒にご紹介しますね。

スポンサーリンク

ワンボウルで混ぜるだけ!粉ふるいもいらないパウンドケーキ

ボウルに直接入れて計量しながら混ぜていく、簡単なパウンドケーキのレシピです。

<材料 18cmパウンド型1台分>
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 5g(小さじ1でも可)
卵 Mサイズ2個
塩 ひとつまみ
サラダ油(溶かしバターでも可) 30~40g
グラニュー糖 70g
牛乳 10g

<作り方>
①卵を白身が残らないように、泡だて器でよく溶きます。
②塩、サラダ油、グラニュー糖を入れてぐるぐると底に擦り付けながら混ぜます。
③薄力粉、ベーキングパウダーを入れて粉気が無くなるまで混ぜます。
④牛乳を少しずつ入れて混ぜます。※底に溜まりやすいので、気を付けて混ぜましょう。
⑤型紙を敷いたパウンド型(もしくは紙型)に流し入れます。
⑥180℃に予熱したオーブンで25分~35分焼きます。
⑦竹ぐしをさして、何もついてこなければ出来上がり。

<コツ>
とにかくよく混ぜること!
多少の粘り気はでても大丈夫です。

焼き色が濃くなってきたら上にアルミホイルをかぶせましょう。

熱いうちにラップで包んでおくとしっとりします。

袋ひとつでモミモミ!簡単チョコチップクッキー

袋にポンポン材料を入れて、もんで混ぜるだけで、クッキー生地ができます。

<材料>
マーガリン 50g
砂糖 30g
溶き卵 大さじ1
バニラオイル 2~3滴
薄力粉 65g
チョコチップ 30g

<作り方>
①厚手のビニール袋にマーガリンと砂糖を入れてもみます。
混ざったら溶き卵とバニラオイルを入れてもみます。
③さらに混ざったら薄力粉とチョコチップをいれてもみます。
④平らに形を整えて、30分ほど冷蔵庫で休ませます。
⑤5ミリ程度の厚さに伸ばして型で抜いてもいいですし、手でちぎって丸めてもOK
⑥クッキングシートを敷いた天板に並べます。
⑦170℃に予熱したオーブンで18分程焼きます。

<コツ>
クッキーの厚さ・大きさは均等にしましょう。
バラバラだと焼きムラができます。

よくモミモミして混ぜるのがポイント!

暑さで生地があまりにもだれるようでしたら、手を水で冷やすか、生地を数分冷蔵庫に入れて休ませましょう。

チョコチップの量はお好みで加減してくださいね。

薄力粉の分量のうち、小さじ1程、ココアパウダーにしても◎

ココアチョコチップクッキーになりますよ^^

ゼラチンで固めるから楽チン!ぷるぷるミルクプリン

材料はたったの4つだけ!
思い立ったらすぐできる簡単レシピです。
可愛いコップに入れて固めれば可愛い3時のおやつになりますよ^^

<材料 直径約6cmのココット5個分>
牛乳 500ml
砂糖 大さじ3~5
粉ゼラチン 5g
水 20cc

<作り方>
①水を入れた器に粉ゼラチンをふり入れて、ふやかしておきます。
②小鍋に牛乳、砂糖を入れて火にかけます。
③湯気が出てきたら火を止めて、①を入れてゴムベラで混ぜながら余熱で溶かします。
④触れるくらいに粗熱が取れたら、お好きな容器に注ぎ入れます。
④ラップをして冷蔵庫で3時間以上冷やしたらできあがり。

<コツ>
粉ゼラチンをふやかす時は必ず水に粉ゼラチンを振り入れましょう。
逆にすると膜が張ってしまい、うまくふやけません。

牛乳の加熱しすぎには注意!分離してしまいます。

ゼラチンは火を止めてから入れるのがポイント!
煮立たせてしまうなど、高温にしてしまうと、ゼラチン臭さがでてしまいます。
余熱でゆっくり溶かしましょう。

ガラスの容器に入れるときは、粗熱がきちんととれたことを確認してから注ぎましょう。
あまりに高温だと、容器が割れてしまいます。

さいごに

ちょっとしたコツをおさえるだけで、簡単にお菓子が作れます。
分からないことがあったら気軽にメッセージくださいね^^

スポンサーリンク