鶏むね肉ってカロリーが低くてヘルシーだけど、パサパサで食べにくい。
市販のサラダチキンは美味しいけど割高だし・・・なんて思っていませんか?

サラダチキン、おうちで作れますよー!
むしろサラダチキンよりムッチムチで肉感高めです。

今日はとってもしっとりに仕上がるサラダチキン、茹で鶏の作り方を書いていきます♪

画像のようにパンにたっぷり挟んで食べると、ムチッとした肉感が食べ応えを感じさせてくれます。
だけどしっとりジューシー
お口の中の水分を取られる、なんてこともありません。

残った茹で汁も無駄にしませんよー。
おいしい出汁が出てますからね!

スポンサーリンク

茹で鶏

<財力 作りやすい分量>
鶏むね肉 2枚
塩 小さじ1
水 1000cc(1リットル)
酒 100cc(半カップ)

※鶏むね肉は常温に戻しておきましょう。

<作り方>
①鶏むね肉の皮を剥ぎ、脂身を包丁で取り除きます。

②鍋に水、塩、酒を入れて沸騰させます。
沸騰してアルコールが完全に飛んだら、鶏むね肉を入れます。

③火を弱火にして1分茹でたらフタをして、冷めるまで放置します。

④冷めたら冷蔵庫で一晩置いてできあがり。

押さえておきたいコツ・ポイント

・鶏むね肉は常温にしておくことをオススメします。
30分前くらいに冷蔵庫から出しておきましょう。
冷蔵庫から出したてだと、水の温度が一気に下がり、どうしても火通りが遅くなります。

ですが、夏場湿度の高い時は痛まないか不安ですよね。
そんな時は苦肉の策ですが、冷蔵庫から出したてを使っちゃいましょう!
2~3分ほど長めに茹でてください。表面のしっとり感はやや薄れますが、中身はしっとりに仕上がりますよー。
その後の工程は一緒です。

・保存する時は茹で汁に付けたまま冷蔵庫に入れましょう。
しっとり感か保たれます。
ジップロックやタッパーに入れて保存するのがオススメです。

冷凍保存もできますが、ややしっとり感が薄れるためあまりオススメはしません。

・お湯に鶏むね肉を入れた後は、沸騰させないことがポイント!
ゆらゆらと湯気が立ちのぼるくらいの火力にします。
グツグツと気泡が上がるくらいの火力だと、火が一気に通り過ぎてパサパサになります。

・今回は酒と塩のみで味つけしましたが、お好みでレモンの輪切りしたものや、長ネギの青い部分、薄切りにした生姜などを入れて、風味のある下味をつけてもおいしいです。

・食べるときは切って食べてももちろん美味しいですが、割いて食べるのもオススメです。
タレやドレッシングが絡みやすくなるのと、切ったものとは少し食感が違うので、料理に合わせて使い分けてみてくださいね。

・残った茹で汁は鶏むね肉の旨みがたっぷり出ています。
ぜひ活用してみてください。スープがオススメです。
わかめスープや卵スープ、野菜スープなど、何にでも合いますよー
インスタントラーメンを作るときに使ってもGood!
その際は、味が濃くなりすぎないように量を加減してみてくださいね。

さいごに

この茹で鶏、どんな料理でも合いますよー♪
定番の棒棒鶏、サラダ、ラーメンの具にも◎
画像のようにサンドイッチにしてもとてもおいしいです。
ちなみにこのサンドイッチ、具材は茹で鶏、トマト、ベビーリーフ、ベーコンです。
パンにはディジョンマスタードとマヨネーズを塗りました。

しっとり感がたまらない茹で鶏。
作り方もとても簡単なのでトライしやすいですよー。

ぜひ作ってみてくださいね♪

スポンサーリンク