チンジャオロースは意外と簡単に作ることができます。具材が多くて下処理も大変なイメージのある青椒肉絲ですが、シンプルな材料でも案外おいしくできあがるものです。
肉に下味を付けることで、全体の味がしっかりと決まりますよー!

チンジャオロース

<材料>
牛肉 40g
赤パプリカ 4分の1
ピーマン 1個
醤油 小さじ1
酒 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
すりおろししょうが 1かけ分
塩コショウ 少々
片栗粉 小さじ1

<作り方>
①牛肉を細切りにして、片栗粉以外の調味料を揉みこみます。時間があれば、10分ほど置いておきましょう。

②赤パプリカとピーマンは牛肉と同じくらいの細切りにします。

③炒める直前に牛肉に片栗粉をまぶします。フライパンにサラダ油を多めに入れて、牛肉を先に炒めます。火が通ったら一旦取り出し、余計な油を取り除きましょう。

④同じフライパンを強火にかけ、②をさっと炒めます。鮮やかになったら牛肉を戻し入れて、塩コショウで味を調えてできあがりです。

コツ・アレンジ方法

・お好みで具材を増やしても◎本格的に細切りのタケノコを入れてもおいしいです。具材を増やした時は調味料を追加しましょう。

・赤パプリカを入れた方が色鮮やかに仕上がりますが、なければピーマンだけでも美味しく出来上がります。

・牛肉は他のお肉でも代用可能です。豚肉や鶏肉でも美味しく作ることができます。お好きなお肉でつくってみてくださいね。

・チンジャオロースとは異なるかもしれませんが、他の野菜を追加しても◎具沢山の野菜炒め風にしてもおいしいです。玉ねぎや人参を入れれば、甘みもプラスされて食べやすくなります。

・出来たてが一番おいしいですが、冷めてもおいしくいただけるため、お弁当のおかずにするのもおすすめです。

・まぶす粉は片栗粉がおすすめですが、薄力粉でも代用可能です。片栗粉よりもしっとりとした仕上がりになります。

・チンジャオロースは強火でさっと炒めるのがポイントです。弱火で炒めてしまうと、野菜やお肉から余計な水分が出てきてしまい、ベタッとした仕上がりになる恐れがあります。作るときは手早く作りましょう。

さいごに

具材を刻んてしまえば意外と簡単に短時間で作れるおかずです。おうちで中華をたべたいときにおすすめのレシピです。ぜひ作ってみてくださいね!