ポーチドエッグは難しい!

そんなイメージが強いですよね。

作ってはみたけど、白身がバラけてしまった。

うまくできたかと思えば、盛り付ける時に崩れてしまった

その失敗、私も何度もやらかしました……。

ですが、ちょっとしたコツを掴んでから失敗がほぼ無くなりました。

形の良い綺麗なポーチドエッグができますよ♪

スポンサーリンク

ポーチドエッグ

<材料(作りやすい分量)>
卵 1個
水 鍋に対して深さ6~7cm程の量
酢 大さじ1~2

<作り方>
①鍋に水を入れて火にかけます。
卵は容器割り入れておきます。

②グラグラと沸騰したら、ごく弱火にしてを入れ軽く混ぜます

③ブクブクとした気泡がでなくなり、湯が静かになったら水面近くから卵をそっと落とし入れます。

④一瞬、白身が広がりそうになりますが、慌てずに、スプーンや箸を使って、黄身に向かって優しく白身を集めます。

⑤そのまま3分程茹でる半熟に。
固めがお好みでしたら、5分程茹でてください。

⑥茹で上がったら、穴あきお玉で優しくすくいましょう。
水気を取りたい場合は、キッチンペーパーかタオルにお玉の底をトントンとあてて水気を切りましょう。

⑦盛り付ける時は、お玉からそっと転がすように乗せると、崩れず綺麗に盛り付けられます。

今回は茹でたアスパラに盛り付けました。
黒コショウと岩塩を挽いて出来上がり♪

 

もっと詳しいコツなど

・お湯は1回グラグラと沸騰させると、鍋底に卵がこびり付くのを防げます

・酢が多いと感じるかもしれませんが、ポーチドエッグの味に影響はありません

・穀物酢を使っています。リンゴ酢や米酢などでも大丈夫です。

・茹で上がった後は、すぐに食べるのがオススメです。
置いておく場合はペーパーは敷かず皿にそのまま置きましょう。
ペーパーを敷くと、白身がくっ付いて崩れてしまう場合があります。

・半熟を保ちたい場合は氷水に入れて、冷しても◎
※レンチンはそのままでは出来ないので注意!そのまますると黄身が爆発する可能性があります。
レンジで加熱する場合は、爪楊枝などで黄身に何ヶ所か穴を空けましょう

・このレシピは冷蔵庫から取り出したばかりの卵・Mサイズを使用しています。
茹で加減卵の温度、大きさで変わってきます
お好みで時間を適宜、加減してください。

・画像のアスパラは根元付近の固い皮をピーラーで剥き、半分の長さに切ってから1~2分程度、茹でました。

・アスパラ以外にもブロッコリーやじゃがいもなどの温野菜にのせても美味しいです。

・定番のエッグベネディクトオープンサンドにもぴったり♪

複数茹でたいときは?

底が広い鍋を使用し、卵と卵を離して入れましょう
茹で時間が数秒違うだけで、火通り加減が変わってきます。
入れた順番を忘れないように気を付けてくださいね。

 

さいごに

お湯の中でそのまま茹でるので、コロンとした自然な形に仕上がります
色々な料理にのせて食べられるので、作れるようになると、とっても役立ちますよ♪

スポンサーリンク