異常気象といわれる暑さが続いていますね…!
わたしの住んでいる北海道も先日まで夜も暑くて寝苦しい程でした。
今は少し落ち着いています。

暑さの続く中でもあまり冷たいものばかり食べていると体調を崩しがちです。
塩レモンとその塩レモンを使ったパスタを作ってみました。

塩レモンの仕込みはとっても簡単ですよー!

爽やかな風味が口いっぱいにひろがっておいしい一品です♪

塩レモン

<材料>
レモン 2~3個
塩 適量

<作り方>
①瓶を煮沸消毒しておきます。

②レモンの表面をよく洗い、縦に切込みを入れます。根元は切り分けずにギリギリくっつけておきましょう。

③切込みに塩をたっぷりつめこみ、瓶にぎゅうぎゅうに詰めていきます。
隙間が空いたら塩を入れて埋めていきましょう。

④最後に塩を上にかけてフタをします。
冷蔵庫で3か月ほど置いたらできあがり。

ちょっとしたコツ・ポイント

・レモンの断面に塩をたっぷりつけることがポイントです。断面につけないとレモンから水分が出にくいです。

・瓶につめるときはぎゅうぎゅうに詰め込みましょう。
空気をあまり入れない方が保存がききます。

・保存は冷蔵庫でしましょう。
常温保存には向きません。

・水分が出てきたら容器を上下にゆすって全体を混ぜましょう。

・漬け込んでから3か月目くらいから食べられます。
1年以内には食べきりましょう。

=関連記事=

柑橘の香りが爽やかレモンジャム+瓶の煮沸消毒方法

サーモンとアスパラのクリームパスタ

<材料 2人分>
パスタ 180g
塩レモン 2切れ
サーモン 2切れ
アスパラ 4本
オリーブオイル 大さじ2
生クリーム 大さじ2
牛乳 1カップ
塩こしょう 少々

<作り方>
①塩レモンは身をそぎ取り、皮をみじん切りにして水に浸けておきます。サーモンは1センチ角に切ります。アスパラは穂先を切り落とし、茎は1センチ程度の小口切りにしましょう。

②たっぷりのお湯を沸かして塩(分量外)をお湯がしょっぱく感じる位いれてパスタを既定の分数よりも2分短く茹でます。

③フライパンにオリーブオイルを敷き、アスパラとサーモンを焼き目が付くくらいまで炒めます。

④サーモンに火が通り、焼き目が付いたら、水気を切った塩レモンと生クリームと牛乳を入れて沸騰させます。

⑤茹であがったパスタをソースの入ったフライパンに移してパスタと絡めます。塩こしょうで味を整えて、パスタとソースがなじんだらできあがり。水気が足りないようなら、パスタのゆで汁を足して様子をみてください。

コツ・アレンジ方法

・サーモンは刺身用でも加熱用の鮭でもOK!

・アスパラは増やしてもおいしいです。

・アスパラの他にブロッコリーにしてもおいしくできます。

・我が家の塩レモンの塩気が強いため、一旦水に浸して塩抜きしています。塩気がきつくない塩レモンの場合は、この手順は不要です。

・水気のあるクリームソースと絡めるため、パスタの茹で時間は短めにしましょう。通常の時間で茹でてしまうと、パスタがふやけてしまいます。

さいごに

クリーム系のパスタで一見重いような感じがしますが、塩レモンを入れることでさっぱりとした仕上がりになります。夏の暑い時に食べても、レモンの風味が爽やかで、さらっといただけますよー^^

ぜひ作ってみてくださいね。

=関連記事=

甘味とほんのり塩気が堪らない♪アニスと塩レモンのパウンドケーキ