夏が来ると飲みたくなります、しそジュース

スーパーにちょうど入荷したての赤しそがあったので、もちろん買ってきましたよー

一袋あれば2リットル程できます。
そして、飲むときは薄めて飲むのでたっぷり楽しめます♪

今日はそんな赤しその効能から、ちらっと解説した後にレシピを書いていきますね。

赤しその効能

体にいいってことは分かってるけど、実際どうなの?
そこのところを少し掘り下げてみました。
大きく分けて4つの効能があります。

<その1>夏バテ解消・予防
タイトルでも触れた通り、夏バテに効果があります。
赤しそって少し独特な香りがありますよね。
その香りの主成分であるペリルアルデヒドが、食欲を増進させる効果があります。
また、この香りには防腐・抗菌作用があります。
ごはんにしそを混ぜ込んだゆかりごはん、昔からありますねー。
きっと昔の人は詳しくは知らずとも、しそにこの効能があることを知っていて使ってたんでしょうね。
すごいものです。
<その2>ストレス解消+血行促進
しその香りの成分であるリモネンは、セロトニン(幸せ物質)を分泌させる働きがあります。それによって、ストレスが緩和されます。
さらにしそには血行促進効果もあります。
心も体も疲れている時に、しそは効果的なのがわかりますね。
<その3>冷え性の改善
しそには体を温める効果があります。
夏だと暑さに気をとられてつい冷たいものばかり食べて体を冷やしがち。
でも暖かい飲み物はちょっと・・・
そんなときにスキッと飲めるしそジュースで、体の冷えを内側から改善するのもいいですね。
<その4>美肌・美白効果
β-カロテンには抗酸化作用、ビタミンCには美白効果があります。この2つの成分が含まれているだけでも魅力的。
ですが、さらに凄い効能があるんです。
しそに含まれる成分・ルテオリンは肝臓を解毒してくれる作用があります。ちなみに肝臓機能が低下すると、シミができやすくなります。
なので、肝機能を正常な状態に保ってくれるこのしその効果は、シミを防いでくれるものなんですね。

<まとめ>
このように、しそにはたくさんの素敵な効能があります。
でもしそって大量に食べることってあまりないですよね。
なので今日はしそジュースにしちゃいましょう!
作っておけば、好きな時に好きなだけ飲めますよー♪

以下よりレシピと詳しい作り方のコツです。

しそジュース

<材料 2リットルペットボトル約一本分>
赤しそ 約300g(一袋)
レモン汁 約150cc(3個分)
砂糖 500g
水 2000cc

※レモン汁以外に代用する場合
クエン酸 20g
酢 2カップ

<作り方>
①赤しその葉を取り、水で2~3回よく洗います。

② 大きな鍋に水を入れ沸かします。

③沸騰したら洗った赤しそを全部入れて3分煮だします。

④煮出したら一度こし器でこします。

⑤再び鍋に入れて、砂糖を入れ、沸騰したら20分ほど煮詰めてできあがり。

ちょっとしたコツ・ポイント

・シソの葉に結構土がついている場合があるので、たっぷりの水でよく洗いましょう。

・煮詰めているとアクが少し出てくるので、気になる場合は取り除いてくださいね。

・保存は冷蔵庫で。ペットボトルに入れておくと使い勝手が良いです。

・ペットボトルに入れて保存した場合、底に砂糖が沈殿しているときがあるので、一度上下逆さに振ってから飲むと◎

・飲むときは希釈して飲みましょう。
煮詰め具合や好みにもよりますが
水5:しそジュース1
位の割合がちょうど良いです。

・かき氷に原液をシロップ代わりにかけてもおいしいです。

サイダーで割ってもおいしいです。

・お酒が好きな人はお酒で割っても◎

・陶器のコップだと赤しその色がつくかもしれないので、飲むときはガラスのコップをオススメします。

さいごに

赤しそジュース、一度飲むとまた来年も飲みたくなる、ちょっとクセにならジュースです。
しその爽やかな香りと、砂糖の甘み、レモン汁の酸味がなんともいいバランスでおいしいですよ♪

ぜひ作ってみてくださいね。